Trex70’s blog

特別支援教育士として、障害児の教育相談を2000組近く行い、引退後は、毎年200冊以上の本を分野に関係なく暇に任せて読んでいます。Trexはティラノサウルス・レックスのこと。大好きな恐竜です。

エンド・オブ・ライフ/著:佐々涼子

作者の「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」と「デフ・ヴォイス」を読んで、この本も読んでみようと手にとった。

「エンド・オブ・ライフ」とは、「人生の終末」。

健康な人から見た人生最期の時をどう迎えるかと、病に侵された人が人生の最期の時をどう迎えるか。人それぞれ考え方は異なる。

これは、終末期の患者がどういう医療を望むか、どのように家庭の中で過ごしたいのか、どんな風に最期の時を迎えたいのか、訪問医療を通し、患者と真っ正面から向き合い葛藤しつつ、患者本人と家族に寄り添い支え見送る京都の西加茂診療所の医師、看護師の思いを綴った本だ。この診療所は実在していた。

訪問医療というのは、決まった曜日・決まった時間に医師・看護師が家庭にやってきて必要な治療をして帰るだけと思っていた。しかし、西加茂診療所は、必要であればいつでも患者の所に駆け付ける。家族で行きたかった海に最後の思い出として行きたいと相談を受け、診療所のスタッフが海にも同行する。本当に寄り添っている。

今、介護施設はどこも人手不足の中でスタッフは懸命に働いている。

NHKの「お別れホスピス」も見ていて毎回涙が止まらないが、西加茂診療所のような施設や看護師や介護士がいるなんて奇跡のように思える。

ひと様から見ると我儘と思える患者の思いを叶えてあげる医師や看護師や介護士。訪れる死に対する恐怖をいかに和らげ終末を迎えさせるか。

また、介護している側の一人が末期癌になっていたことが分かる。今までの介護の経験が活きるかと思うとそうではなく、終末期を迎える一人の人間とした姿が描かれている。

私は、私の両親のように二人ともが意識の無い状態で1年以上も生き続けたような死を迎えたくない。私自身も癌を患って、今まで以上に死を身近に考えるようになった。しかし、自身の中で癌を受け入れる5段階なんていうのは無い。死ぬときはどうあがいても死ぬ。できる限り、家族に負担をかけないで最期を迎えられたら良いと思っている。私が居なくなった後、家族が幸せに暮らせれば良いと思っている。

家で最期を迎えるというのは、金銭面、身体面、精神面で家族に大変な負担を強いることになると思う。それが家族にとって後から大切な時間になるという考え方もあると思うが、それよりも私は、家族が自分自身の時間を大切にできるようにあって欲しい。

 

横着物の私には難しいことだが、一日一日を有意に過ごせるように生きていきたいと思った。

 

 

ボーダー 移民と難民/著:佐々涼子

読めば読むほど、日本という国に対して悲しくなっていく。

裏金疑惑で問題になっている自民党の主要メンバーが全員不起訴になろうとしている。大口の脱税をしても罪にならない人たちがいる。反面、子ども食堂が増えてきているが、子どもの6人に一人は貧困家庭であえでいるという調査がある。にもかかわらず、多くの税金を国会の審議・承認もなく、一握りの政治家の一存で外国に何千億、何兆円とばら撒く。一体この国はどこに向いて走っていこうとしているんだろう。

 

これは、佐々涼子が入管問題の神様と言われるほど活動している弁護士・児玉晃一や難民救済活動を行っている人たちの取材をして書いたドキュメンタリー小説だった。

国連では、「難民」と「移民」を次の通りに定義している。

「難民」とは「迫害の恐れ、紛争、暴力の蔓延など、公共の秩序を著しく混乱させることによって、国際的な保護の必要性を生じさせる状況を理由に、出身国を逃れた人々」

「移民」とは「ある場所から別の場所へ、生活のために(多くは仕事のために)、一時的または永久的に移動する人。移住の理由や法的地位に関係なく、定住国を変更した人々を国際移民とみなす。三カ月から十二カ月間の移動を短期的または一時的、一年以上にわたる居住国の変更を長期的または恒久移住と呼んで区別するのが一般的。」

ミャンマースリランカ、イラン、アフガニスタン、アフリカの国々から、政府からの迫害を逃れて日本に救いを求めてやってくる一般の人々がいる。

イランの小学校の朝礼で、教師たちがアメリカの国旗を燃やして、「ホメイニ万歳、アメリカに死を」と叫び、子どもたちに復唱を要求した。それに対し、「そんなことをするために、高い学費を払って学校に来ているわけじゃありません」と教師に言った。それだけのために「反政府思想の持ち主」と言われ、命を狙われるようになり、一家で国を脱出してきた。いったん観光ビザで入国したがオーバーステイとなり、十条にある入管施設に収容されてしまった(入管とは、2019年入国管理局から改称した「出入国在留管理庁」をいうが、狭義では、外国人を収容する施設を指す)。父親は男性房、母親と子供二人は女性房、ぎゅうぎゅう詰めの部屋でトイレは部屋の片隅にあって壁もなく、しゃがめば腰のあたりまで隠れるけど、臭いは漏れるし音は周りに筒抜けの人権意識などないに等しい収容所に入れられた。

一家に退去強制令書がでた。しかし、国外退去でイランに戻されると命の危険があるため、「難民」申請を行った。まるで映画の世界のように、イランでは市民が秘密警察のような組織に暗殺されたり、交通事故に見せかけて殺されたりしている。十代の娘が反政府的言動をし投獄されたこともある。

弁護士や市民団体が、劣悪な環境の下、収容者に対し日常的に暴力が行われており、電話を取り次ぐにも「胸を揉ませろ」と迫るなど、職員による強制わいせつや強姦もあると日本の入管の実態として報告している。心ある職員は、耐えられずに辞めていく。

この家族は、結局、裁判で敗訴し難民認定はされなかった。一家のもとにはイラン大使館から「早く訴訟をやめるように」と脅しの電話があり、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、危険が迫っているとの独自の難民認定をして、ノルウェーを受け入れ先にして逃がした。日本では認定されなかったのに。

2014年に牛久の入管施設で体調の急変を訴え続けたのに放置され亡くなったカメルーン人がいた。その家族が、2017年に国と牛久の入管施設のセンター長を相手取って裁判を起こした。地裁は、入管の対応に不備があったとして165万円の賠償を国側に命じた。(黒人だからなのか、命の値段が165万円?)。また、DV被害を訴えて交番に出向いたスリランカ人のウイシュマ・サンダマリさんは訴えは無視されたうえにオーバーステイの疑いで逮捕され、名古屋入管に収容された。体調の不良を訴えたにもかかわらず、適切な医療を受けずに亡くなって、親族が日本政府を訴えている。

白人と異なり、アジアやアフリカから来た人たちは、肌の色の違いだけで差別され、犯罪者でもないのに入管施設に収容されてしまうケースが多いのには驚いた。また、難民申請をしてもほとんどが通らない。2021年で、日本の難民認定率は74人(認定率0.7%)、ドイツは38918人(25.9%)、カナダが33801人(62.1%)、フランスが32571人(17.5%)、アメリカが20590人(32.2%)と日本の低さは際立っている。

入管法改正に当たって、特定非営利活動法人「難民を助ける会」元会長で、政府の難民審査の参与員の柳瀬房子は、2005年から17年間で担当した申請の案件は2000件以上あったが、認定すべきと判断できたのは6件だけと国会で答弁している。しかし、書類のうえでの判断で、面接や聞き取りはしていないという(一人に集中しすぎている。難民認定をすると次の審査の案件が回ってこなくなるというのが実態と他の審査員が述べている。)

日本で難民として認められない人たちは、非正規滞在者として入管に囚われる。その後、ビザを与えられないまま入管から「仮放免」として出される人もいる(何年も収容されたままの人もいる)。しかし、働くことが許されず、社会保障もない。行政に手を貸してもらう事も出来ない。どうやって生きて行けというのだろう。

日本に来るのが悪いという考えを持つ人もいると思う。

バブルで人手が足りなかったときは、こういう人たちを目を瞑って使い、バブルが弾けると切り捨てた。今は人手が無くって、困ってきている。安い労働力として最低賃金、もしくはそれ以下で働かせているところもある。不法移民が多くなり、トランプ元大統領のように移民や難民を受け入れないところもあるが、日本はそれ以前の問題だ。

今は、日本の経済成長の鈍化によって、日本以外の地域で働いた方が良い。日本で働くメリットが感じられないと、日本に働きに来る人がどんどん減ってきている。

国連から何度も改善するように勧告を受けても、無視し続けている国。どこが先進国と言えるのだろうか。白人以外の外国人に冷たく、日本人にも冷たい国。このままでいいのだろうか。

 

涙が止まらなかった。このブログを読んでいただいている人がいたら、是非、この本を読んでいただければと願います。

 

 

 

ファントムの病棟 天久鷹央の推理カルテ[完全版]/著:知念実希人

これは、3年前に読んだ「天久鷹央の推理カルテⅡ」の加筆修正版だった。プロローグを読んで、以前読んだことがあることに気づいた。よく確かめもせずに手にしてしまって少し後悔したが、思い出しながら読めてよかった。

主人公の天久鷹央は、先天的に『他人の立場に立って考える』という能力が欠落しているためチーム医療には向かない。しかし、天才的な知識をもち「診断医」として天医会総合病院統括診断部部長をしていた。

この本は、3つの短編から構成されている。

<目次>

〇プロローグ

少年の最期を看取る医師たちが、鷹央を待っている。

〇karte.01 甘い毒

1日に3.5Lのコーラを飲み続けるトラック運転手が、運転中に体が痺れ意識が朦朧となり電柱にぶつかる自損事故を起こした。天医会総合病院に救急搬送された運転手は、コーラに毒が混入されていたからだと主張した。脳のCTや毒物検査をしても異常は見つからなかった。主治医は異常がないと退院させたが帰宅途中で意識を消失し、再度、病院に救急搬送されてきた。鷹央が謎の症状を解明する。

〇karte.02 吸血鬼症候群

療養型の倉田病院で、夜な夜な病院に吸血鬼が現れると看護師が鷹央に泣きついてきた。看護師は天医会総合病院に昨年の夏まで勤めていた久保美由紀だった。患者に輸血するために用意していたA型の血液パックが盗まれた。病院の廊下から病室へ血が点々と続き、歯で引きちぎられた空っぽの血液パックが転がっていた。倉田病院の院長の誤診が引き起こした事件だった。

〇karte.03 天使が舞い降りる夜

小児病棟の病室で天使を見たと看護師と8歳の少年が言う。それは鷹央が研修医の時に診た子どもだった。急性リンパ性白血病の抗ガン剤治療で髪の毛が殆ど無くなっていた。少し状態が良くなったので、できるだけ自宅で過ごさせたいと一旦退院になった。しかし、微熱が続き再入院となった。母親は少年の介護をするために個室に入院させていた。

天使は、髪の毛の無いことを揶揄った少年の病室の隣の中学生の少年たちが作り出したものだった。

鷹央は医者の自分に救えない命に対し、無力感に苛まれていた。

〇エピローグ

〇書き下ろし掌編 ソフトボールと真鶴

 

天才女医が「診断」で解決していく医療ミステリー。完結ではなくミステリーの続編が欲しい。

 

 

 

いまこそガーシュウイン/著:中山七里

岬洋介シリーズ8作目。

「ガーシュウイン」ってなんだろうというところから入った。

20世紀前半に活躍したアメリカの作曲家ジョージ・ガーシュインのことだった。

最初に紹介される「前奏曲第2番嬰ハ短調」をyoutubeで聴いてみた。本文にもあったが、私にはクラシックというよりジャズのように思えた。

エドワード・オルソンは、アメリカで指折りのピアニストになっていた。エドワードはコンサートでガーシュウインの曲を演奏しようと練習していた。しかし、大統領選挙にヘイトスピーチで人心を煽るレイシスト共和党員が立候補し、その影響で人種差別が激化し、「Black Lives Matter!(黒人の命は大切だ)」のシュプレヒコールのデモも終日で起り、集中して練習ができなかった。

エドワードは、このままではアメリカは2つに分裂してしまうという危惧を抱き、音楽で何かできないかと模索した。そこで3カ月後に決まったカーネギーホールでのコンサートで、ガーシュウインの「ラプソディ・イン・ブルー」を弾くことを思い立った。

ラプソディ・イン・ブルーは、黒人音楽をルーツに持つクラシックなのでレイシストたちの心を溶かし、聴衆に融和を訴えることができると考えた。 

しかし、ガーシュウインでは、ショパンやベートーベンを期待している客を呼べないとマネージャーのセリーナ・ジョーンズは反対した。そこで、エドワードはノクターン1曲でアフガニスタンの戦闘を一時ストップさせ、24人の命を救った「奇跡の5分間」の岬洋介との共演を思いついた。岬洋介とはショパンコンクールで出会っていた。

セリーナは、岬のマネージャー・マーティンとコンタクトをとり、洋介と契約することができた。岬はエドワードの家に泊まり込むことになり、2人で「ラプソディ・イン・ブルー」の練習に励んだ。

演奏はニューヨーク・フィルだが、一部パートをオーディションで複数の人種、複数の民族から選ぶことにした。クラリネット1人とトランペット2人を加えた

一方、新大統領に恐れていたレイシスト共和党員が選ばれてしまった。新大統領は、自社ビルの68階のペントハウスに住む不動産王。アメリカへの不法移民を止めるため、メキシコとの国境に壁を作る法案を通した。このままでは、ますます人種差別が激化すると懸念する一団が、<愛国者>と呼ばれる暗殺者を手配し、新大統領の殺害を謀った。

岬とエドワードがカーネギーホールでのコンサートの杮落しに、大統領夫妻が来ることになった。

愛国者>は会場で暗殺を実行するために、ニューヨーク・フィルの新パートとして潜入した。

 

ミューズに「愛されるもの」と「愛するもの」の違い。<愛国者>も音楽を愛する者だった。

本文の最期まで<愛国者>が誰なのかは分からない構成で、引き込まれた。

貧しさと人種差別、富める者と貧者、日本も格差が広がってきている。世界が平和に融和するようにと願う作者の思いに共感した。

 

 

 

 

一方、新大統領の暗殺計画を進めていた〈愛国者〉は、依頼主の男から思わ提案をされー一。
音楽の殿堂、カーネギーホールで流れるのは、憎しみ合う血か、感動の涙か。

大量絶滅はなぜ起きるのか 生命を脅かす地球の異変/著:尾上哲治

過去に、ビッグファイブという①オルドビス紀末の絶滅、4億4500万年前、85%の種が絶滅 ②後期デボン紀の絶滅、3億7400万年前、82%の種が絶滅 ③ペルム紀末の絶滅、2億5200万年前、96%の種が絶滅 ④三畳紀末の絶滅、2億150万年前、80%の種が絶滅 ⑤白亜紀末の絶滅、6600万年前、78%の種が絶滅、という5回の大量絶滅が報告されている。

この書では、三畳紀末に起きた大量絶滅を尾上教授が新しい角度から解説していた。

<目次>

〇プロローグ 大地

ヨーロッパやアメリカで森の小鳥たちに異変が現れ、殻の形成が不完全な卵を産む個体の報告が相次いだ。オランダのブーンデルカンプの森に生息するシジュウカラの1983年から1988年の5年間の調査で、不完全な卵の産卵率が10%から40%になっていた。卵殻の形成に必要なカルシウムをカタツムリを食べることで摂取していたが、そのカタツムリが激減していた。それは、カタツムリは土壌中カルシウムから摂取していたが、地域の土壌が酸性化してきたために、カルシウムが大幅に流出していたからだ。土壌酸性化の原因は、大気汚染や温室効果ガスや大地の変化(土壌や岩石の化学的変化)などが考えられる。

〇第一章 異変

ニューカレドニア三畳紀末の海で形成された地層に手掛かりを求める。末期は小型化した生物の化石が現れてきた。すべての分類群に共通して言えるのは、小型化した生物は例外なく直後に全滅してしまう。なぜ小型化するのか?

〇第二章 混沌

ロッキー山脈のブラックベアリッジという丘陵地に三畳紀の海の地層がある。そこでは、寒冷化による海水量の減少で起こる海退、人間活動により放出される二酸化炭素が原因で起こるとされている海洋酸性化、海底の酸素欠乏(無酸素化)という環境変化が見つかった。

〇第三章 犯人

三畳紀末に、巨大隕石と史上最大規模の火成活動により様々な環境の変化が起こった。これにより、海退、海洋酸性化、無酸素化、小型化(スモールワールド)が出現したと考えている。

〇第四章 指紋

「海洋の異変、生物の小型化、絶滅」の年代と前後関係を、地層から見つかった炭素同位体の3つの負異常「プレカーサー(ファースト)、イニシャル(セカンド)、メイン(サード)」を頼りに明らかにしていく。

〇第五章 連鎖

アマゾン盆地で「ファースト(2億180万年前~2億170万年前)」から「セカンド(2億160万年前~2億150万年前」にかけて大規模なマグマの貫入があったとする年代データが発表された。この時に大量に発生した二酸化炭素が、小型化と絶滅に関係しているという考え方がある。

〇第六章 疑惑

オーストリア・タトラ山脈の三畳紀末の地層から、生命活動の豊かな海と突発的な絶滅が分かった。陸地から森が消え、大地は乾燥し、地滑りが頻発した。

〇第七章 消失

三畳紀末に起こった6度の海水温上昇が、驚くべき温暖化を示した。温暖化は生物の小型化をもたらす。海で生物が小型化したとき、陸地では森林と土壌が消失していた。

〇第八章 限界

湿度が100%近い条件下で人は皮膚温が35度を深部体温が上昇し始め、皮膚温が37度にいたると4~6時間で死に至ることが分かった。哺乳類は湿球温度35度が6時間以上継続すると致死レベルの熱ストレスを受けることが分かった。どれだけ暑く、湿度が高ければ、生物は死に始めるのか?極端な温暖化が絶滅に関係しているのかもしれない。

〇第九章 境界

現在の地球では、「第六の大量絶滅」が進行中だという説がある。

サンゴは海水温の上昇にともなう白化現象などが原因で生息数が減少している。環境の変化が大量絶滅に繋がるのだろうか。

〇エピローグ 深海

木曽川沿いに三畳紀末の深海で形成された地層がある。深海の冷たくて重い海水は、栄養塩を豊富に含む。深海の環境が海洋表面の生命活動に影響を与える。

化石から、新たな謎が立ち上がる。

 

環境の変化が、絶滅に繋がるということを伝えようとしている。

 

 

諸葛亮(下)/宮城谷昌光

この小説は、中国の魏・蜀・呉の時代の三国志に登場する諸葛孔明にスポットライトをあてて書かれている。

下巻は面白くなかったので、読み終わるまでに時間がかかった。

次から次へと様々な人物が登場するが、それぞれの人物の人間味がほとんど描かれていない。書きたいことが一杯あったのだと思うが、膨らみが足りない。

また、いくつもの戦の事が書かれているが、どのような場所・立地条件で戦ったのか、どのような兵器をどのように使い、どのように兵隊たちを動かしたのか、具体的に戦いが終わるまでに何日かかったのか、どのように兵糧を調達したのか(後半で少し触れられているが)等、具体的な記述は一切ない。

多くの史実を書き連ねているので、紙面に余裕が無かったのかもわからない。今までの宮城谷の小説ではここまでのものは無かったように思った。

ただし、上巻で軍略家ではなく行政官と感じたが、下巻では行政能力を兼ね備えた軍略家だったと感じた。

劉備玄徳が興した蜀(漢)の国を劉備が亡くなった後を継いだ玄徳の息子・劉禅を丞相(君主を補佐した最高位の官吏・総理大臣)として補佐した。

また、劉備の遺志を継いで魏(曹操の興した国)の北伐を敢行した。出師にあたり、有名な「出師の表(軍隊を出陣させる際に劉禅に送った、憂国に溢れた文。玄徳に可愛がられた部下を置いていくから、彼らの言うことをよく聞くようにという劉禅に対する指示文)」を劉禅に上奏した。

街亭の戦いで軍令無視をし敗北した孔明の愛弟子の馬謖を処刑する(有名な故事「泣いて馬謖を斬る」)。

孔明は、これまであった連弩(連続発射できるボウガン)を改良した孔明連弩(元戎)を作らせ、戦で使用した。また、多くの物資を運べる「木牛(四つ足で中央に車のある大きな一輪車)」を考案し、戦で活用した。

孔明本人が考えたのかどうかは分からないが、発明家とも言える。

孔明は魏の領土を奪い、蜀を大きくしていったが、劉禅を葬り、皇帝の位を簒奪ということはなく、劉備の遺言を守り通した傑物と言える。

<目次>

攻防

益州平定

漢中王

報復

南征

三路軍

孟獲

北伐計画

遠交近攻

出師表

街亭の戦い

新しい道

静かな攻防

司馬懿

五丈原

 

 

あなたが誰かを殺した/著:東野圭吾

久しぶりに東野圭吾を読んでみた。

警視庁刑事部捜査第一課の加賀恭一郎シリーズの第11作目。

父親の最期を看取った病院の看護師金森登紀子の紹介で、鷲尾春那に長期休暇中だった恭一郎を引き合わせた。

春那はセレブが集う夏の別荘地で連続殺人事件の被害に遭遇していた。

セレブ達は毎年恒例の行事としてバーベキューパーティーを開催していたが、その催しが、思いがけない悲劇の幕開けになった。

参加したのは、総合病院を経営する夫妻と我儘な一人娘とその病院で内科医として勤務している婚約者。大企業の会長とやり手な妻と部下家族。公認会計士の夫と高級美容室を経営する妻と寄宿舎に入れられている中学生の娘。多くの土地を相続し不動産経営をしている40代の魅惑的な未亡人とその姪、弁護士をしている姪の夫。

別荘地を舞台にして、参加したセレブのうち、病院長と大企業の会長夫人と公認会計士と美容室経営の夫婦、弁護士が殺され、内科医が大怪我を負った。

連続殺人事件だったが、犯人が自首してきた。容疑者は、「誰でも良かった」と自白をしたものの、動機を一切語ることはなく、捜査陣は頭を抱えていた。

残された遺族たちは、なぜ家族が殺されないといけなかったのか悩み苦しみ、一堂に集まって情報交換会をすることになった。また、偽名で犯人の妹も参加し、何故兄が犯行に及んだのかを知ろうとしていた。

そこに春那から相談を受けた恭一郎が付き添いとして参加することになり、連続殺人事件の謎の究明に乗り出した。

犯人は財務省の役人を父に持ち大きく期待されていたが、学業もスポーツも芸術も親の期待に沿えず引きこもり状態になっていた。やがて自殺願望を抱くようになり、どうせなら誰かを殺して死刑にと考えるようになり、ネット検索もしていた。

犯人は、なぜ遠く離れた別荘地を選んだのか。なぜ、他の人々でなく、セレブを襲ったのか。なぜ、防犯カメラの存在を把握していたのか。移動手段は何を利用したのか。凶器はどこに行ったのか。なぜ一人だけ、怪我だけで助かったのか。

犯行の時間や動機を解明していくうちに、犯人を手引きしていた共犯者の存在が浮かび上がってきた。

共犯者は、中学生の娘だった。娘は、母親のことを吹聴している大企業の会長夫人を殺していた。

動機も解明でき、共犯者も逮捕出来て事件は終わりに見えたが、最後にもう一人不幸な殺人犯が分かってしまう。

 

東野圭吾は、よく次から次へと人を殺すことを思いつくものだと感心する。

セレブたちの虚栄と虚飾の中に隠された真実。相談する相手もなく孤独を募らせ殺人に走った娘の淋しさと悲しみ。辛いものがある。